産業医とは

 日本医師会による労働衛生に関する専門の研修を修了するなど、労働者の健康管理を行うのに必要な高度の医学的知識を持つ医師を産業医といいます。

 産業医は、事業場の労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるように指導・助言します。

 産業医の職務は、健康管理・作業環境管理・作業管理・労働衛生教育・総括管理の分野にわたり、各事業場で必要に応じた職務を遂行します。

 
健康管理 健康診断、健康相談など
作業環境管理 有害化学物質等の管理、騒音の発生など有害エネルギー等の管理、温度・照明などの一般環境衛生ななど
作業管理 有害物質や騒音から身を守る保護具などの管理、パソコンのモニターの位置など人間工学に基づいた作業条件の管理など
労働衛生教育 使用する薬物や騒音の人体に及ぼす影響の教育
健康保持促進の教育など
総括管理 職場巡視、衛生委員会等への参加など